名古屋市天白区の内科・整形外科は竹内外科内科クリニック

竹内外科クリニック

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは?

腹痛や腹部不快感、便秘、下痢などが続くにもかかわらず、腸の検査をしても異常がない状態のことです。
日本人の約1~2割にみられるといわれ、特に20~30代に多い病気です。「IBS」とも呼ばれます。

医学的には症状が「1年のうち12週間以上つづく場合」と決まっていますが、通勤や外出に差し障るようになれば適切な治療が必要です。

ストレスで自律神経が乱れることが主な原因と考えられています。一度症状がでるようになると「またおなかが痛くなったらどうしよう?」という不安がストレスとなり、さらに新たな症状を引き起こしてしまいます。

過敏性腸症候群が疑われる症状

□ 通勤途中、電車を降りてトイレに駆け込むことがよくある
□ おなかの調子が心配で、外出する気になれない
□ 大事な仕事や試験前などにお腹が痛くなる

過敏性腸症候群の治療法

薬物療法

腹痛、便秘、下痢など症状に合わせた薬を服用します。
原因となるストレスに対して、抗不安薬や抗うつ薬を処方されることもあります。

心理療法

薬物療法で改善されない場合に、カウンセリングや自律訓練をするケースもあります。

過敏性腸症候群の予防法

●規則正しい生活を送る ●暴飲暴食をしない ●胃腸を刺激するお酒や脂っこいものを控える
●忙しいときも休憩をとり、リラックスする時間を作る ●適度に運動する ●十分に睡眠をとる

HOME»  消化器内科»  過敏性腸症候群