名古屋市天白区の内科・整形外科は竹内外科内科クリニック

竹内外科クリニック

診療案内

  外科、消化器内科、整形外科、内科、リハビリテーション科、検診などの診療案内

当院のリハビリテーション科は理学療法士がすべての施行を行っております

    保健衛生大学リハビリテーション科の理学療法士の方にも施行していただいています

リハビリテーション

リハビリテーション科とは、神経、筋、骨格の異常にもとづく運動機能障害者や心血管系の障害からの回復促進やがん症例における機能回復などきわめて幅広い対象に対して、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科です。脳卒中後片麻痺(半身麻痺)、頭部外傷後遺症、脊髄損傷、神経筋疾患、末梢神経障害、関節リウマチなどの骨関節疾患、慢性腰痛、四肢奇形または切断、脳性麻痺、小児神経疾患、急性心筋梗塞、慢性呼吸不全などから、再び社会生活ができるように運動能力の回復を目的とした治療を行います。治療方法としては、運動療法、温熱・牽引・電気刺激などの物理療法、作業療法(日常生活訓練など)、言語療法、装具療法、義肢作製、薬物療法や、最近ではロボットを用いた機能回復も試みられています。

理学療法

病気や事故のため身体的に障害を負った方々に対し、今後生活していくために運動療法や動作練習、または物理療法などを用いて治療を行います。また、障害が残っても、身体に残された機能を最大限に活用し、社会復帰を目指した訓練を行います。

・運動療法
・動作練習
・物理療法
・身体機能面への働きかけ
・高次脳機能面への働きかけ
・日常生活活動面への働きかけ

物理療法

物理療法とは、物理的なエネルギーを利用して、身体の痛みや、筋肉、関節の拘縮、筋力低下などの症状の改善が期待出来ます。

物理的エネルギーの種類として、温熱、電気刺激、超音波、牽引などを含みます。
詳しい機器はこちら

物理療法を行うことで、身体のコンディショニングを良くし、より快適で効果的なリハビリに繋がるとも考えられます。

当院の方針

当院では痛みの緩和だけでなく、正しい動作の獲得の為に、筋力トレーニングや体幹トレーニング、バランストレーニングにも重点を置いています。
また、手術後の機能回復や転倒予防、スポーツ外傷における機能回復も積極的に行っており、地域に患者様が安心して信頼できる医療を提供します。

リハビリテーションの流れ

初期評価・計画書作成

リハビリテーション


1ヶ月後

評価・計画書作成

当院では、ゴール達成に向け、経過を患者様により良く実感していただく為に、評価と計画書作成を1ヶ月単位で行います。

リハビリ設備

リハビリ施設全体の風景 干渉波治療器 低周波治療器

【リハビリ施設全体の風景】
リハビリテーション施設全体の風景です。

【干渉波治療器】
周波数の異なる搬送波を身体に流すと、干渉しあう領域に干渉低周波が発生します。それを利用した干渉低周波治療法は、不快感なく、電気エネルギーを身体に与えることができ治療部位に十分な刺激を加えることができます。

【低周波治療器】
低周波によって、血行促進や痛みをやわらげる効果、マッサージ効果が得られます。

エアロバイク

牽引器 平行棒

【エアロバイク】
年齢や性別、体調にあわせてトレーニングコースが選べます。効果的な有酸素運動が簡単に行えます。

【牽引器】
頚椎、腰椎を引っ張ることにより、神経的圧迫を解除することにより、圧迫による神経的痛みを取り除くことを目的としています。

【平行棒】
平行棒は歩行訓練に欠くことのできないものです。高低、幅の調節も簡単にできます。

上肢交互運動器と手首背屈運動器

肋木と肩関節輪転運動器 シャワールーム

【上肢交互運動器と手首背屈運動器】
▼上肢交互運動器(左)
肩関節の可動域拡大・維持に効果的です。「四十肩」「五十肩」予防の対策に役立ち、滑車の仕組みを用いて肩をどの程度ストレッチするかを調整することができます。
▼手首背屈運動器(右)
上肢前腕、肩関節、肘関節の回内外運動による筋力の増強を目的とした運動器です。

【肋木と肩関節輪転運動器】
▼肋木(左)
徐々に上肢の挙上を行う事で肩関節拘縮の防止や関節可動域の増大訓練になります。
▼肩関節輪転運動器(右)
肩関節の関節可動域の増大、筋力の増強を目的とした訓練器です。

【シャワールーム】
当院にはリハビリを行った後に、汗を流していただくためのシャワールームがございます。
ぜひ、ご利用下さい。

ロッカールーム、シャワールーム ウォーターベット エレベーター

【ロッカールーム、シャワールーム】

【ウォーターベット】
ウォーターベッドでは水の上に横になっているような感覚になり、リラックス効果が得られます。
「水圧刺激」により、全身または肩や腰などの筋肉・腱・靭帯の凝りをやさしくほぐし、血行の改善を促進します。

【エレベーター】

レストルーム    

【レストルーム】
ベビーシート、バリアフリー

   

リハビリ風景

リハビリ風景 リハビリ風景 リハビリ風景
リハビリ風景リハビリ風景

スタッフの声

理学療法士 松尾凌太朗

理学療法士 松尾凌太朗

リハビリテーションルームはとても広く
1日に最大5人の理学療法士が
常に患者様を第一に考えた治療を心掛けています。
また、患者様ご自身が、自宅で行える運動療法を指導し、
生活面へのアプローチも積極的に行っています。

HOME»  リハビリテーション科